禁煙は胸を大きくする事と深く関係している。理由は女性ホルモンと血行。

バストアップサプリを徹底比較! > バストアップのヒント > 禁煙は胸の大きさと深く関係、禁煙生活がバストアップの第一歩

喫煙者の皆さまはバストアップエクササイズをしても効果が出ない?

誰でも簡単に自宅で行える、バストアップ出来るエクササイズがあります。しかし、タバコを吸っている人はこのエクササイズをしても、効果はあまり期待できないそうです。
タバコが健康を害する、というタバコと健康の関係は多くの人に知られていますが、まさか胸の大きさにも影響しているとは信じがたいな、と思われたかもしれません。いま、この話を初めて聞いて「そんなバカな話ってあるの?」と半信半疑の人もいるでしょう。しかしタバコと胸、大いに関係があるようなのです。

バストアップエクササイズの基本とタバコが胸に影響する理由

胸を大きくするには、女性ホルモン・栄養・血行が大きく関わってきます。バストアップエクササイズはこれらをベースとし、バストアップ専門のエステサロンにも取り入れられている手法です。しかし、喫煙者がいくらこのバストアップエクササイズをしても、胸が大きくなったという実感を得られる日が来ることは、ほぼ皆無といっても過言ではないでしょう。禁煙、と一口にいっても喫煙者にとっては苦行となりますが、禁煙に踏み切るイイ機会しかもしれませんよ。

タバコと胸の関係はココにある

タバコが胸を小さくするというウワサは、2つ根拠があります。1つは、タバコが女性ホルモンの分泌を妨げてしまうから、といわれています。そして、もう1つは、タバコの成分が血管を細くしてしまう為、と考えられています。これらの関係性が、胸の大きさとどう結びついているのか、詳しく書かせていただきますね。

女性ホルモンの分泌が抑えられてしまうと

女性らしさは、女性ホルモンによって生み出されます。女性らしさを保つために分泌される女性ホルモンは、卵巣で作られます。しかし、タバコに含まれる一酸化炭素は卵巣に害を及ぼす成分といわれていて、女性ホルモンの分泌を抑えてしまう原因にもなるそうです。つまり、女性らしさの象徴である”胸”にも関係してくると考えられます。

血管が細くなると胸に栄養が行き渡らない

喫煙者のなかには、頭痛の時にタバコを吸って痛みを取る、という人がいます。これは、頭の神経を圧迫していた血管を細くしたため、と考えられています。タバコが良い方向に作用したと思われますが、この裏には血の流れが悪くなったという事実が隠されています。血液は、全身に栄養を届ける大切なパイプです。
胸は、乳腺のまわりに脂肪がつくことで大きくなっていきます。乳腺を成長させるには、女性ホルモンが必要です。血の巡りがよくなければ、脂肪・女性ホルモン、この2つを胸にしっかり届けることができません。これは女性のボディラインにも影響が出ます。女性ホルモンが胸に来ないことで乳腺は発達せず、貧乳。脂肪は本来ついて欲しくない部分に送られ、ダイエットしているのにあまり効果がみられない、という悪い関係ができてしまいます。

喫煙者には苦渋の決断かもしれませんが、禁煙の決断を

喫煙者の皆様には、胸の大きさにタバコが大きく関係しているという事実を痛感されたことでしょう。バストアップエクササイズをする前に、まずは禁煙です。禁煙するなら、この事実を知った今がチャンスかもしれません。禁煙はなかなか難しいといわれています。美しさを取るか、貧乳と蔑まれるか、どちらを選択するかはあなた次第です。

その他のコラム

大きくするバストアップと持ち上げるリフトアップの両方が実現できる!

購入サイトはこちら