副作用が起きるのはどんなときか、バストアップサプリについてご説明しています。

バストアップサプリを徹底比較! > バストアップのヒント > 副作用が起きるときって?バストアップサプリの正しい飲み方

バストアップサプリで副作用が起こるって本当?

「バストアップしたい!」「でも、バストアップにいいっていう食事を摂ったり、運動したりしてもなかなか効果が出ない」とお悩みの方は、バストアップサプリを考えることがあるでしょう。
しかし、バストアップサプリには副作用がないかどうか、気になりますよね。
ここでは、バストアップサプリの副作用について詳しくご紹介していきます。

そもそも「副作用」ってなんだろう

本当は、バストアップサプリはサプリメントなので、これに伴う身体の変化について「副作用」という表現を使うことは間違っています。
医薬品を使用した場合に、医薬品を使用する目的以外の効果が現れることを副作用といいます。
しかし、説明上ややこしいので、バストアップサプリに伴う身体の変化について「副作用」という表現をつかっていきますね。

バストアップサプリに伴う具体的な副作用とは

まずは、バストアップサプリに伴う具体的な副作用について並べてみます。
女性ホルモンのバランスが崩れることによって発生する生理不順、不正出血や、頭痛といった副作用のほか、むくみや吐き気、腹痛などがあります。
このような副作用だけに注目していると、バストアップサプリに対して抵抗感が生まれるかもしれません。
しかし、効果が高い薬ほど副作用があるといわれるように、バストアップサプリで副作用が出るということは、バストアップサプリに含まれている成分が身体にきちんと作用しているという証明でもあります。

副作用の不正出血が心配

バストアップサプリの副作用のなかでも、「不正出血は心配」という方は多いのではないでしょうか。
不正出血は、急激にホルモンバランスが崩れると発生しやすいです。
バストアップサプリの効果を高めるためと、一度にたくさんのサプリメントを摂取することはおすすめできません。バストアップサプリの摂りすぎは、ホルモンバランスを崩すもとです。
バストアップサプリの適正な量を守るか、サプリの量を増やすにしても最初は少ない量から始めるといった工夫をすると良いでしょう。

バストアップサプリの副作用が起きる原因3つ

バストアップサプリを使用していて、副作用が発生する原因には、大きく分けて3つのことが考えられます。
まず、そのバストアップサプリを適正な量で飲んでいなかったことです。
次に、飲む時期が適切な時期ではなかったことです。
そして、そもそもバストアップサプリに配合されている成分が身体に合う成分ではなかったということが挙げられます。
それでは、それぞれの原因について、具体的に確認していきましょう。

バストアップサプリを飲む量を守って副作用を避けよう

どんなバストアップサプリにも、飲む量は決まっています。
「早くバストアップしたい」と思って、大量に飲むと副作用が発生してしまいます。
1日に飲む適正な量を守って、安全にバストアップサプリを利用しましょう。
もしも、「副作用が心配でバストアップサプリを試したいけれど勇気が出ない」という方は、適正量よりも少な目の量から始めて、気長に飲み続けてみてはいかがでしょうか。
どのようなサプリメントでも、効果を実感できるのは長く服用を続けた後であることが多いです。
身体に負担をかけないで、バストアップを目指しましょう。

ホルモンバランスの変化のタイミングを知っておこう

バストアップサプリメントといえば、女性ホルモンに似た働きをするプエラリアのような成分が入っているものです。
しかし、一言に女性ホルモンといっても、女性ホルモンにも種類があります。エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンがあることを聞いたことはありませんか。
プエラリアの場合は、エストロゲンに似た作用が期待できます。
女性は、生理周期にあわせて分泌される女性ホルモンが変化します。
卵胞期にはエストロゲンが、黄体期にはプロゲステロンが分泌されます。
つまり、黄体期にプロゲステロンが優位でなければならないのに、プエラリアを含んだバストアップサプリを摂取すると、ホルモンバランスが崩れる危険が出るということです。
生理周期を考えてバストアップサプリを使用することで、副作用を防止しましょう。

サプリメントに含まれている内容を確認しよう

バストアップサプリの副作用は、ほとんどの場合、女性ホルモンのバランスが崩れることで発生します。
しかし、ときにはサプリメントに含まれている成分そのものが身体に合っていないために副作用が発生することがあります。
バストアップサプリを購入する前に、サプリメントに含まれている成分をしっかりチェックしましょう。アレルギーのある成分はありませんか?
アレルギーが心配だったり、このバストアップサプリメントを飲んでも問題ないか気になったりした場合は、医師に相談するのも良いでしょう。
バストアップサプリの摂取量を守っていて、アレルギーもとくにないのに副作用が起きるようなことがあった場合は、サプリメントそのものが身体に合っていない可能性があります。「おかしい」と感じたら、すぐに使用を中止しましょう。

副作用で困ったときの対処法とは

バストアップサプリの副作用で困ったときは、まず、サプリメントを飲むことをやめましょう。
次に、レディースクリニックなどの医師に相談しましょう。
また、バストアップサプリを出している会社のコールセンターに問い合わせをして、アドバイスをもらうのも良いです。
身体の健康が一番なので、体調を崩したときは体調回復を最優先に考えてください。

副作用が起きにくいといわれているバストアップサプリ

最後に、「副作用が起きにくい」と評判のバストアップサプリについて、いくつか紹介します。
ひとつめは、レディースプエラリアです。こちらは販売開始から15年の大人気ロングセラーサプリメントです。
ふたつめは、グラマーです。
グラマーは女性ホルモンの周期によってサプリメントの飲みわけは必要ありませんが、アダプトゲン作用というものがあります。アダプトゲン作用は、時期によって必要な女性ホルモンの分泌を促し、分泌が多いと困るほうのホルモンを抑制するという作用です。だからこそ、女性ホルモンの変化による副作用が少ないのでしょう。
みっつめは、ピンキープラスです。こちらも副作用を報告する口コミが少ないバストアップサプリです。
「副作用が心配だけど、バストアップサプリを使ってみたい」という方は、このあたりのサプリメントからチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

適正量とホルモンバランスに気をつければ副作用は怖くない

バストアップサプリの副作用は、女性ホルモンのバランスが崩れることで発生することがほとんどです。
バストアップサプリの適正量を守って飲むことと、生理周期をチェックしながら飲むことに気をつけていれば、多くの副作用を防ぐことができるでしょう。
ただし、体質に合わない場合はどうしようもありません。理由のわからない副作用が出た場合はすぐに飲むのをやめて、医師に相談しましょう。

大きくするバストアップと持ち上げるリフトアップの両方が実現できる!

購入サイトはこちら