豊胸手術には種類とメリットとデメリットがあることを考えよう

バストアップサプリを徹底比較! > バストアップのヒント > 豊胸手術を受ける前にメリットとデメリットを考えてみよう

お悩みの小さな胸・豊胸手術で憧れのバストを

女性にとっては美しくなりたい、綺麗になりたいなど多くの願望と悩みが同居しています。女性の豊かなバストは魅力アップとなり、男性から見てもドキッとしてしまいます。小さな胸で悩んでいる女性にとっては、大きな胸を手に入れたいとの願望は強く、豊胸手術でバストアップすることができます。手術方法は何通りかありますが、必ずメリットとデメリットがありますので、後悔しない憧れのバストを手に入れましょう。

憧れのバストへ・豊胸手術はベストなものを

小さな胸で悩んでいる女性にとっては大きな胸は憧れ、バストアップには多くの方法が紹介されていますが、美容整形では豊胸手術で憧れの胸を手に入れることができます。

手術には大きく分けて三つの方法が主流で行われています。

「バッグ挿入法」はシリコン製のバッグを胸の一部を切開して胸に埋め込む方法です。充填物はいろいろな種類と形状がありますが、バッグは年数の経過とともに劣化しますので永久的に使うことができません。
「脂肪注入法」は自分の腹部やお尻、太ももなどから吸引した皮下脂肪を乳房に注射器で注入して移植する方法です。切開する必要がなく、極端なバストアップを望まない女性には有効のようです。
「ヒアルロン酸注入法」ヒアルロン酸を注射器で注入してバストを大きくする方法で、メスを使わずに手軽にできることからプチ豊胸とも呼ばれています。
何れにしても手術にはメリットとデメリットが存在しますので、よく知識を深めて手術を受けることが大切になります。

豊胸手術のメリットは

バッグ挿入法は確実に2~3カップ以上ハリのある、大きなバストに変身できることが約束されます。シリコンバッグの人工物を胸に埋め込みますが、体内にバッグ内の充填物が吸収されることはありませんので、効果がずっと続くメリットがあります。
脂肪注入法は自分の脂肪を注入するわけですから、すごく自然な形で触ってもバレることがないバストを作ることができます。彼氏がいても大丈夫ですよ、本当に自然で柔軟なバストになりますことがメリットです。
ヒアルロン酸注入法はプチ豊胸と呼ばれていますように手軽に即日にバストアップが可能になりますので、最も受けやすい手術として大きなメリットになります。

真剣に考えよう豊胸手術のリスクとデメリットを

バッグ挿入法は確実に1~2カップ大きくすることができることが特徴ですが、形や感触が不自然になってしまい、バレてしまうことが多い手術になります。又、術後の痛みや手入れの為に何回か通院する必要があり、通常の生活に戻るまでのダウンタイムも長くかかることがデメリットです。
脂肪注入法は注入した脂肪が少しずつ体内に吸収されて行ってしまい、バストの脂肪として残って定着するのは3割から7割になってしまうデメリットがあります。
ヒアルロン酸注入法はヒアルロン酸が体内に存在していますので、徐々に吸収されて2年前後で元にも戻ってしまい再度、注入が必要になることがデメリットです。

手術の決断は自己責任が大・豊胸手術は

胸の小さい女性にとっては憧れのバストにするための、美容目的に胸を大きくする豊胸手術が行われています。手術技術は限りなく進歩していますが、日本では薬事認証された事例はありません。豊胸手術にも多くのメリットとデメリットがあることは認識しなければなりません。腕の確かな先生とクリニック選びも重要になりますが、手術の決断は自己責任によるところが大きくなりますので、慎重に考えることが大切です。

その他のコラム

大きくするバストアップと持ち上げるリフトアップの両方が実現できる!

購入サイトはこちら